テレワークの生産性のアップダウンは、季節とあまり関係ないと思っている人もいることでしょう。実は、一日の大半を室内で過ごしテレワーカーにとって、「寒さ」は少なからず何らかの影響を与えるのをご存じでしょうか。

こちらの記事では、テレワークの生産性×寒さのこと、そして寒い時期におすすめの温活法について解説しましょう。

テレワーク環境の不満のトップは寒さだった!

テレワークは、空調を自分の最適な環境に調整しながら仕事ができることを謳っています。その一方で、以下のグラフでもわかるとおり、実際のテレワーカーたちの声によるとテレワーク環境に、満足している点とそうでない点が浮き彫りになっています。

2021年2月に、東京ガス都市生活研究所が実施した「在宅勤務時の住まい環境の実態に関する調査の結果」によっては、「足元が寒い」といった冬場の寒さに関連した不満点が上位に挙がりました。

出典:都市生活研究所 在宅勤務時の温熱環境実測調査

「寒さ」がテレワークの生産性ダウンになる原因

前の章では、テレワーカーにとって、「寒さ」は不満でもあり、不快であることがわかりました。この章では、寒さがテレワークの生産性ダウンにつながる理由を解説します。

自律神経の乱れ
寒い気候でのテレワークは昼夜の寒暖差が大きいので、自律神経が乱れるともいわれています。そして、仕事などのモチベーションアップにつながる「セロトニン」が思うように働かず、脳の活動が鈍るので、かつ生産性が上がらないといわれています。

室内が適切な温度と湿度でない
テレワークにおける生産性ダウンの理由は、自律神経だけではありません。実は、日頃テレワークとして使っている部屋の室温にも関係するといわれています。

アメリカコーネル大学で実施されたフロリダの保険会社を対象に行った研究によると、室温を20℃から25℃に上げると、パソコンのタイピングミスが44%減少したという結果でした。

また、湿度については、35%を下回ると乾燥によるドライアイなどで生産性がダウンし、逆に湿度が60%を超えると、やる気が薄れてしまうといわれています。

よってに室温を22℃前後、湿度を50%前後に設定しておきましょう。テレワーク中に少し暖かく感じ、眠気が刺すと、生産性がダウンするシグナルです。窓を少し開けるなどをして室温と湿度の調整をしましょう。

参考記事
Study links warm offices to fewer typing errors and higher productivity | Cornell Chronicle
受験・テレワークにもおすすめ 専門家が教える「集中できる冬の室内環境」づくり | 三菱電機 霧ヶ峰PR事務局のプレスリリース | 共同通信PRワイヤー

テレワークの生産性をアップ!お手軽温活法3つ

テレワーカーの生産性をアップさせる温活法は、いくつかありますが代表的な方法を紹介します。

電気湯たんぽ(あんか)×ブランケット
寒い季節になるとフローリングに足を触れるとヒヤリと感じることもあるでしょう。次第に足元が冷え、テレワークに集中できなくなるかもしれません。そんな人におすすめなのが、電気湯たんぽ(あんか)をフローリングに置き、足を乗せることです。乗せた足に、ブランケットを被せると熱が放出されず、暖かさが持続しやすくなります。

温熱素材のレッグウォーマー
足首を温めると全身の血の巡りがよくなるといわれています。レッグウォーマーは、冷えやすい足首より上を覆うので、足裏の放熱ができ、汗の蒸散もスムーズです。素材もモコモコ系を中心とした温める素材が多数ラインナップされていますので、要チェックです。

白湯×生姜
白湯は、目覚め効果とデトックス効果があるだけでなく、身体の代謝を上げ、胃腸といった内蔵機能を温める効果もあるといわれています。つまり、白湯を飲むと身体の心から温まるという訳です。白湯で身体がぽかぽかするのをキープさせるには、生姜を入れるのもおすすめです。生姜は、スライスやおろしても、パウダー状でもお好みで入れてみると良いでしょう。

身体を温めるときの知っておきたいこと

テレワークの生産性を上げるには、身体を温めることが必要不可欠です。以下のことを知っておきましょう。

低温やけどに注意する
先にピックアップした電気湯たんぽといった温感グッズは、長時間、身体に触れると低温やけどになるリスクがあります。接触部位の温度が44℃の場合、約6時間で低温やけどになってしまうといわれています。

軽くストレッチを心がける
テレワークの休憩時間に肩を回す、スクワットをするといった軽いストレッチを採り入れると血行が良くなり、身体が冷えにくくなるといわれています。関連動画も多数アップされているので、チェックしてみてくださいね。

温活を実践して、テレワーク中の寒さを払拭しよう

今回は、テレワーク中の寒さによって生産性を下げるということに触れました。
実際のデータやテレワーカーの声でもそれが実証されているので、記事で紹介した温活法を実践し、生産性をアップを目指しましょう。