「テレワークの生産性を上げる」という情報は、数えきれないほどあります。多すぎる情報量に、実際どのようなものが生産性を上げるかをよくわからない方もいるかもしれません。そんな中で、「テレワークの生産性を上げるなら朝活」という情報も存在しています。

こちらの記事では、一日の始まりである「朝」にフォーカスして、テレワークの生産性を上げるポイントを紹介していきましょう。

なぜ、テレワークの生産性アップには朝時間の使い方が決め手なのか?

朝は、太陽の光によって、脳に放出される神経伝達物質の一つセロトニンの合成および分泌されます。それによって感情や気分をコントロールができ、自律神経を整えられる流れとなります。この時間に身体を動かすと、前頭葉の働きも活性化し、集中力アップにつながるともいわれています。

だからこそ、テレワーク前に朝活ルーティンを取り入れるのがおすすめです。最高のコンディションでテレワークに臨めるかもしれません。

テレワーク前の時短×持続可能なおすすめ朝活ルーティン3選

テレワークで仕事をしていると公私混同しやすく、プライベートの線引きができないという層は少なからずいます。これが続くと一日がだらけてしまい、仕事もプライベートもイマイチだったというケースもあるかもしれません。だからこそ、気持ちの入れ替えとして、テレワーク前に朝に何らかのルーティンを行うことをおすすめします。

こちらでは時短、かつ持続可能なおすすめ朝ルーティンを紹介していきましょう。

エクササイズ系:縄跳びをしてみる

縄跳びというと小学生の体力アップというイメージがありますが、大人世代でも縄跳びは有効的です。縄跳びは、消費するカロリーが高めであり、続けることで体脂肪を落とし、筋肉を鍛えるなどの身体に嬉しい効果をもたらします。全身運動になるので、血流もスムーズになり、テレワークに集中できる身体づくりにもつながるかもしれません。

また、時間の設定をしておくと集中しやすくなるので、3分や5分と決めておきましょう。ほかにもSpotifyなどで好きな1曲を流し、それが終わるまでやってみるという時間配分も良いかもしれません。ちなみに縄跳びスペースがない方には、エア縄跳びアイテムがおすすめです。

マインドセット系:お気に入りのお茶をゆっくりめに飲んでみる

テレワーク前にコーヒーや紅茶といったとっておきのお茶を飲んで心を整えるのも、気持ちの切り替えがつきやすくなります。おすすめのお茶の選び方は、香りが豊かなもの。香りを堪能してからテレワークに臨むと、集中できるマインドが出来上がるでしょう。

ECサイトでは、国内外の多数のお茶が販売されているので、レビューを見ながらお気に入りのお茶を見つけて見てはいかがでしょうか。

ライフスタイル系:テレワークスペースとその周りを整理する

テレワークスペースは、オフィスと違い、プライベートで使うグッズも気軽に置けてしまう環境です。それが原因で、つい仕事以外のものに目が行ってしまいがちになるかもしれません。デスクとその周りに私物や郵送物などの仕事以外のグッズや書類が置いてないかチェックし、散らかっている空間を整理しましょう。

スペースを整理する習慣がなかなかつかない方は、スマートフォンにタイマーを設定し、整理する時間を決めて置くと良いでしょう。

継続のポイントは「共有」すること

ルーティンを決めていざやってみようと思っても、なかなか続かないというテレワーカーもいるかもしれません。三日坊主をどうにかしたいという方は、SNSでその様子を投稿するのもおすすめです。「今日、テレワーク前に○○の曲を聴きながら、エア縄跳びをした」などの投稿をすると、「いいね!」クリックから仲間が見つかるので、継続して共有しましょう。

そして、仕事などの仲間との共有もおすすめです。共有のスプレッドシートなどで、ログを残し、見える化しておくのもおすすめです。お互いにとって「良い刺激」になるかもしれません。「共有」によって、ルーティンの継続ポイントや改善点も見つかることでしょう。

朝活ルーティンで心身を整え、生産性をアップにつなげよう

今回の記事では、テレワーク前の朝活ルーティンを中心に紹介をしました。今回ピックアップした朝活ルーティンだけでなく、ほかにもYouTubeでも朝活関連のコンテンツが数多くラインナップされています。

生活環境やテレワーク開始時間などを考えて、最適な朝活ルーティンを決めて実践し、さらなる生産性アップを図りましょう。