テレワークをしていると、こんな悩み事に直面しませんか?

自宅でのテレワークは集中力が続かない…。
かといって、他に作業できる場所が見つからない…。

自宅でのテレワークは誘惑になるものや気が散る要素が多くて、集中しづらいんですよね。

そこで今回は、自宅以外でテレワークに使える場所を11か所、ご紹介します!
「どこでテレワークをすればいいの?」とお悩みの方、必見です。

テレワークにおすすめな場所11選

近年、テレワークに特化したプランや施設が増えています。
数年前には考えられなかった場所で、テレワークができるようになっているんですね。

それと同時に情報漏えいのリスクも高まっています。
例えば、フリーWi-Fiを悪用して盗聴やのぞき見をされるケースが増えているそうです。席を外したスキを狙った犯行もいまだに起こっているんだとか。

作業スペースを探すときには、セキュリティ面も気に留めておいてくださいね。

カフェ

喫茶店でテレワークをする方は多いのではないでしょうか。
テレワークでなくても、突発的な仕事を済ませるために利用した経験のある方もいるはずです。

喫茶店は雰囲気も落ち着いているので集中しやすいですし、何より費用がそこまでかかりません。せいぜい移動費と飲食代くらいです。
その場で美味しいものが食べられるのもいいですよね。
喫茶店によってはフリーWi-Fiを設置しているところもあるので、インターネットも利用できます。

一方で、混雑時や長時間の利用は控えなければなりません。お店に迷惑をかけてしまうと、気持ちよく利用できなくなってしまいます。
スイッチが入ると、何時間でも没頭してしまう…という方は、何か対策をしておいた方が無難です。

カラオケ店

カラオケ店では、テレワーカーをターゲットにしたサービスが登場しています。

個室なのでプライバシーが守られますし、情報漏えいのリスクも下がります。
基本的にフリードリンクがセットになっているので、息抜きもできちゃいます。
利用料金もそこまで高くないので、気軽に通えるのも魅力的です。

ただし、ビデオ会議には不向きです。
歌いに来ているお客と同じフロアに案内されることも多く、音漏れが気になる可能性があります。カフェやコワーキングスペースのような環境音ではないため、気が散ってしまうかもしれません。

「個室で作業したいけど、費用をおさえたい」という方にはおすすめです。

レンタルスペース

レンタルスペースと聞くと、イベント会場やスタジオなどをイメージしますよね。

最近では、テレワーカー向けのレンタルスペースが増えているんだそう。
部屋の一部を借りたり、まるまる一部屋借りたり、サービス内容も豊富。金額もさまざまなので、自分の目的に合ったスペースを借りられます。
騒音対策もしっかりされているので、ビデオ会議も安心して参加できます。

デメリットは、スペースによってサービスに差があること。
ゴミは持ち帰るようになっているところや、利用前の状態に戻すことを規定に盛り込んでいるところもあります。貸し出してもらえる備品もまちまちです。
同じレンタルスペースでも、時間帯によって金額が変動しているところもあります。
自分に合ったレンタルスペースを探すのに苦労するかもしれません。

コワーキングスペース

コワーキングスペースをざっくり説明すると、仕事に必要な環境を貸してくれる場所です。
レンタルスペースやシェアオフィスと似ていますが、「さまざまな人とスペースを共有する」という違いがあります。
利用料金は月額制だったり、時間単位で支払ったりします。

さまざまな業界の人が利用するため、人脈づくりにも役立ちます。新しい発見や学びなども得られるので、スキルアップにもつながりますよ。

一人でもくもくと作業したい方には、気が散る要素が多いです。特に作業中に声をかけられたり、人に見られながら作業をするのが苦手な方には不向きかもしれません。
席を外したスキにパソコンを操作されて、トラブルに巻き込まれる可能性もあります。
混雑時には作業スペースを確保できない場合もあるので、事前に確認してから移動するようにしましょう。

ウィークリーマンション、マンスリーマンション

ウィークリーマンション、マンスリーマンションでもテレワーカー向けの物件が増えてきています。
テレワークに必要な最低限の家具類が用意されていて、あとはパソコンを接続すればOK。マンションなので時間を気にせず作業に集中できます。キッチンやシャワーなども使えるので、リフレッシュもすぐできるのも嬉しいポイント。ビデオ会議にも安心して参加できます。
「完全な個室がほしい!」という方にはおすすめですよ。

デメリットは、利用料金がかかってしまうことと、手続きがわずらわしいことです。
ウィークリーマンションなら保証人がいらないので、面倒くさい方はそちらがおすすめ。ただし、トータルでかかる費用が高額になる可能性があります。

ビジネスホテル

ホテルに泊まり込みで作業する…。
締め切りに追い詰められた作家みたいな話ですが、最近ではテレワーク向けに、数時間だけ利用できるプランが登場しているそうです。
もちろん、泊まり込みで作業するのもおすすめ。

部屋は個室なので作業に集中できますし、ネット環境も整っています。
ホテルによっては、温泉やジムを利用できるところもあるんだそう。気分転換に外出して、観光することもできちゃいます。

デメリットは、料金が高くなりやすい点です。ホテルによっては1万円くらいかかるところもあるようです。
また観光シーズンと重なると、予約が取れない場合もあります。

「ちょっと足を延ばしてテレワークしたい!」。そんな気分になっている方にはおすすめです。

図書館

とことん費用をおさえたい方には、図書館がおすすめです。公共の施設なので、利用料金はかかりません。
物音も少ないので、静かな環境で作業できます。読書が好きな方は、休憩時間に読める本がたくさんある環境はワクワクするのではないしょうか。そうでない方も、行き詰ったときのアイデア探しに使えます。

一方で図書館によっては、パソコンの持ち込みを禁止していたり、利用時間を制限しているところがあります。
基本的に静かに過ごす場所なので、ビデオ会議や動画再生などはできません。
飲食も制限されてる場合もあって、いろいろと不便なところがあります。

キャンプ場

野外での作業は、情報漏えいのリスクを下げられます。
他の利用客との距離が離れているので、パソコンをのぞかれる可能性が低いんですね。騒音の心配も少ないためビデオ会議にも向いています。
さらにそのまま宿泊すれば、非日常を味わうこともできますよ。

最近はキャンプ場に、電源やネット環境が整っているところも増えています。「電池がもうない!」とあせることもありません。

場所や天候によっては、インターネットが不安定な場合があるので、できればポケットWi-Fiを用意しておくと安心です。また急に雨が降ってきたときに、パソコンが濡れてしまう可能性もあります。
情報漏えいのリスクが低いと書きましたが、テントから離れたスキに、パソコンや重要資料を盗まれるケースもあります。貴重品の管理は徹底しておきましょう。

車の中

車の中でも工夫すれば、快適な作業スペースとして使えます。
例えばハンドルに装着するテーブルを使えば、運転席から動かずに仕事に取り掛かれます。
車の中ならご家族の邪魔になりにくいですし、集中しやすいメリットがあります。車さえ停められれば場所を確保する必要もありません。
道の駅や展望台などに車を停めれば、景色を眺めながら作業できちゃいます。

車を長時間停められる場所でないと、作業できないのが難点です。
周囲への迷惑になったり、違反切符を切られてしまう可能性があります。

サテライトオフィス

サテライトオフィスとは、本社以外の場所にあるオフィスのことです。
従業員が働きやすい環境を提供するためのもので、必要最低限の設備しかありません。

自宅に十分なネット環境がない方でも、安心して作業できます。
所属する企業が管理しているので、情報漏えいのリスクが低いのもメリットです。

デメリットは、利用できる人が限られることです。
フリーランスの方は、サテライトオフィスを利用できません。案件によってはクライアントから許可が出るかもしれませんが…。
サテライトオフィスを持っていない企業も多く、利用できる人はまだまだ少数です。

最近では総務省が中心になって普及活動に取り組んでいます。補助金が出るところもあるので、要望を出してみるのもいいかもしれませんね。

工夫すれば、自宅でも集中して作業できるかも…?

自宅ならコストもかかりませんし、情報漏えいのリスクも少ないので安心です。
でも自宅だと集中力がなかなか続かないんですよね…。

そこで最後に、集中しやすい環境づくりのコツをご紹介します。

作業スペースを決める

一番簡単なのは、専用のテーブルを用意することです。
新しくテーブルを置くスペースがない方は、折り畳みデスクがオススメ。「テーブルを広げる」という動作が、仕事モードに切り替わるスイッチにもなります。

スペースに余裕があれば、パーテンションもおすすめ。
余計な物が視界に入らないので、集中力が長続きします。メモやカレンダーを貼れば、やるべきことを簡単に把握できます。
パーテンションの代わりに棚を設置すれば、仕事道具をまとめることもできますよ。

作業用のイスを用意する

作業用のイスは、仕事向けの物を用意しましょう。メリハリがつくだけでなく、疲れにくい姿勢を維持するのにも役立ちます。
ゲーマー向けのイス(ゲーミングチェア)は、長時間座っても苦痛になりにくいのでおすすめです。
くつろげるタイプのソファはおすすめできません。猫背になりやすく、腰痛や肩こりにつながるからです。

どうしてもソファで作業するなら、高さを調整できるテーブルがあると快適ですよ。

自分に合った場所でさくさくテレワーク!

自宅以外でもテレワーク可能な場所を11か所ご紹介しました。
どこで作業するか決めるときには、「利用しやすいか」「セキュリティは万全か」「予算に合っているか」に注目するのがおすすめです。

自分に合った作業スペースを見つけて、快適なテレワークを実現しましょう!