テレワークをしていると、こんなことはありませんか?

「途中で集中力が切れて、だらだらとしてしまう」
「オンライン会議に、家族やペットが入り込んでしまう」
「夫婦共働きで、快適なテレワーク場所が確保できない」
「モニターやプリンターがなく、作業が捗らない」

そんなときに心強い味方となるのが、カラオケ店!コロナ禍において、全国に店舗を展開する大手カラオケ店が続々テレワークプランを開始しニュースにも多く取り上げられましたが、いまでは「カラオケでのテレワーク」はすっかり定着しつつあるようです。

もしまだ試されたことがない方は、これを期に一度試してみてはいかがでしょうか?

新しいテレワーク場所としてのカラオケ

コロナ禍において広まったカラオケでのテレワークですが、実は、あのカラオケルーム「ビックエコー」はコロナ以前の2019年よりテレワーク用の部屋貸しサービスをはじめていました。2018年に働き方改革法が成立し、テレワークという”新しい働き方”がようやく注目されはじめていた頃、すでにテレワーカー向けのサービスを展開していたカラオケ店があったとは驚きです。

そもそもカラオケには「防音対策がされた気軽に利用できる個室」「駅前など町の中心部にありアクセスが良好」というまさにテレワークにぴったりな利点がありました。それに加えて、コロナ禍で推奨された「3密回避」「ソーシャルディスタンス」も実現できる場所として、利用者を増やすことになったのですね。

「カラオケでテレワーク」の魅力とは?

自宅とは異なる個室空間で集中力が高まることはもちろんですが、単なる部屋貸しだけではないところが「カラオケでテレワーク」の魅力。

フリードリンクサービス

多くのカラオケ店のテレワークプランには、ソフトドリンクの飲み放題が含まれます。普段は自宅でテレワークをしているけれど、ちょっと気分を変えてカフェで作業しようと思っても、長時間滞在するのに1杯のドリンクでは気が引けますよね。とはいえ、何度も注文していては高くついてしまいますし、PCなどを置いたまま席を立つのも避けたいところ。カラオケでのテレワークであれば、そんな心配は不要です。なんと言っても飲み放題で、個室の電話から注文ができ(ドリンクバー形式の場合もあります)、費用やセキュリティの心配をすることなく存分にテレワークに集中できます。

オフィス用品の無料貸し出し

多くのカラオケ店でテレワークプランが導入され始めたことで、他店との差別化として、より充実したテレワーク環境を提供してくれるカラオケ店が増えました。例えば、電源タップやスマホの充電器、サブディスプレイ、プロジェクターにプリンターまで利用し放題のお店も!オフィスとほぼ同じ環境、もしくはそれ以上の快適な空間なのでは?!と思ってしまうほどの充実ぶりです。自宅にモニターを置くほどではないけれど、ちょっとだけ大きなモニターで作業をしたい、といったニーズにも応えてくれます。

テレワークプランがあるカラオケ店3選

それでは、実際にテレワークプランを展開しているカラオケ店を3つ、その特徴とともに紹介します。

ビックエコー

コロナ前にテレワークプランを開始した、「カラオケでテレワーク」の先駆け的存在。日本テレワーク協会の賛助会員であり、東京都のTOKYOテレワークアプリにもテレワーク場所として登録されていたり、法人会員も80社以上など、テレワーク推進の本気度が違います。手頃な料金で、店舗数も多いため、隙間時間のちょっとした利用にも便利です。

料金:30分まで300円、1時間500円、3時間1200円
ドリンクサービス:ソフトドリンク飲み放題
設備:Wi-Fi、電源、スマホ充電器、HDMIケーブル(一部店舗)
予約:予約不要
対象店舗:全店舗、全曜日
詳細:https://big-echo.jp/officebox/

パセラ

他社と比べると料金は少々お高めですが、設備を見れば納得。ブランケットや低反発ウレタンクッションなるものまで…。 部屋の雰囲気も、いわゆるカラオケ店といった簡素な感じではなく、革張りの大きめのソファ席で、長時間作業でも快適に作業ができます。さらに、お酒までプラン内で頼めてしまうので、大きなプロジェクト終わりなど、自分へのご褒美がてらのスペシャルなテレワークにぴったりです。

料金:1時間600円、2時間1400円、3時間2100円、5時間2800円、7時間3500円
ドリンクサービス:1時間につき1杯無料(アルコールあり)
設備:Wi-Fi、電源、スマホ充電器、各種ケーブル、プリンター、ワイヤレスマウス/キーボード、電源タップ、プロジェクター、ホワイトボード、Bluetoothスピーカーフォン、WEB会議用ヘッドセット、低反発ウレタンクッションなど
予約:予約不要
対象店舗:東京、横浜、大阪の計10店舗、平日のみ
その他:お得な回数券もあり
詳細:https://www.pasela.co.jp/oshigotopasela/

ジョイサウンド

こちらも全国に展開していて店舗数も多く、アクセスに優れているのですが、何より嬉しいのはその料金。なんと、フリータイム(営業開始時間〜20時)で、1080円という安さ。朝6時〜テレワークプランが利用可能な店舗もあります。ちょっと気分を変えたい、でも費用は抑えたい!という方には、おすすめです。

料金:1時間600円、2時間1400円、3時間2100円、5時間2800円、7時間3500円
ドリンクサービス:ソフトドリンク飲み放題
設備:Wi-Fi、電源、スマホ充電器、電源タップ、プロジェクター、HDMIケーブル
予約:予約不要
対象店舗:全店舗、平日のみ
詳細:https://shop-joysound.com/telework/

テレワーク場所に困ったら、カラオケを利用してみよう

カラオケでのテレワークの魅力は伝わりましたでしょうか?テレワークのマンネリ化を防いで集中空間を確保できる上に、ドリンクや充実した設備が使えるとなれば、利用しない理由はありません。

テレワーク場所に困ってる、という方は、ぜひカラオケでテレワークをしてみてはいかがでしょうか?