こんにちは!編集部員のアッキーです!

「デュアルディスプレイ」「デュアルモニタ」と、呼び方は様々ですが、要はディスプレイ2画面で仕事の生産性をあげよう!ってことですね。

デスクワークが多いバックオフィスの方や、エンジニアさんなど、ブラウザや資料データを行き来しながらお仕事をされる方には必須アイテムとも言えるのではないでしょうか。

この記事ではテレワークでもデュアルディスプレイを導入して作業効率をアップしているというテレワーカーさんのお仕事っぷりをご紹介します。

デュアルディスプレイ導入のきっかけ

サブ的に買ったMacBookがメインになったらここが辛かった…!

というのも、複数のブラウザを行き来して情報確認することがこんなにも苦痛なんだと感じたんです。

MacBookユーザーはトラックパッドを使用して感覚的に画面を切り替えることに慣れている方も多いと思いますが、これが四六時中あちこち移動して確認してまた戻って…と、続いてくるとどうにも集中が途切れたり、何より脳みそを余計に使っている気さえしていました。

どうせなら…

・資料を見ながらメッセージを作成をしたり

・カレンダーを見ながら日程調整候補をピックアップしたり

・グループウェアを開きながら顧客用に資料を作成したり

と、同時進行したいわけです。

ところが表示画面が1面だと、どうしてものときは苦肉の策でブラウザを画面半分くらいに縮めた状態でとなりに資料データを表示させたり。しかし、もともと小さな画面上では見づらさが際立つのです。

もうダメだ!大きい画面に移そう!

これがワースト1位のデュアルディスプレイ導入のきかっけです。

2画面あるとこんなにできることがあるのか!

めでたくディスプレイを導入すると、前述した同時進行系のお悩みはサラッと解決され、なんだかお仕事が捗る捗る!

「なんでもっと早く気づかなかったんだろう…」と、後悔の念さえ浮かぶくらい。

※ちなみに導入されたディスプレイはこちら!(HP ProDisplay 21.5インチワイドIPSモニター P224)

するとその他にも便利にこのディスプレイを活用することが出来ているのです。

例えば、オンラインミーティングのとき相手の表情を映しながらもう一方の画面で議事録を取ったり、作業を進めたりすることができるのが大きかったです。

通常1画面であれば、相手の表情はそっちのけで議事録や作業を優先していましたし、それが当たり前だと思っていました。

もちろん操作もいちいち面倒で、画面をトラックパッドで「シュッ、シュッ!」って切り替えたり、ときには最小化して、また最大化して、、、と手間ではありましたね。

これが解消されたことでオンラインミーティング時のストレスが減りました。

もう一つは、業務の何%かはルーチン業務ですが、その決まった仕事をするときにはサブのディスプレイでセミナー動画やニュース動画を流しながら情報収集をしています。

「それ、ミス誘発しないの?」なんて言われることもあるのですが、時と場合によりますね。

マルチタスク的に活用できる方にはオススメです。

作業効率の向上に加え、テレワークならではの活用法をもっと見い出せていくと楽しいですね。

見落としがち!デュアルディスプレイのデメリット

さて、ここでお伝えしておきたいのがデュアルディスプレイの導入で、逆効果になってしまったことです。

いくつか弊害はあるんだなーということに気づきましたが、それをこまめに改善しながらベストな仕事術に変えていきたいと思っています。

それは、メッセージツールを表示させておくとリアルタイムにそのやり取りが視界に入ってきてしまい、ついついあまり関係ないグループチャットやグループLINEに反応してしまうことがあるということです。

動きがあるものはついつい無意識でもそちらに意識が向かってしまいます。

これは、通知音やポップアップ表示とよく似た傾向だと感じているのですが、メッセージツールを一方に表示しながら作業をするのはやめましたね。

ディスプレイがあるから何かに使おうとしてしまう癖が発動していました。

必要のないときは1画面でOKなのです。

また、デメリットと感じる方もいるのでは?と感じていることは、デュアルディスプレイを導入することで、物理的にデスクの一角が占領されることです。

いわゆる「本気のデスク」環境が整うということです。

ノートパソコンだけの場合とは勝手が違ってきます。

例えば、仕事が終わったタイミングとか、デスクを広く使って発送業務をするとか、そんなときはノートパソコンだけであれば簡単に片付けたり、場所を変えて置いておくことができますが、ディスプレイの場合はそう容易にはいきません。

コンセントやケーブル問題、そもそも大きさも結構ありますよね。

デスクの広さにもよりますが、仕事内容とデスク環境によって何を優先させたいかで検討されることをオススメします!

いかがでしたでしょうか。

デュアルディスプレイをこれから導入してみようかな〜と検討されている方に朗報です。

最近は家具や電化がサブスクでレンタルできるサービスが増えていますよね。

ディスプレイも例外ではなく2週間のレンタルをすることでお試し導入ができますよ。

どれだけ生産性が上がるのか?とか、ディスプレイをデスクに置けるのか、置いたらどんなレイアウトになるのか?という部分を試してみてはいかがでしょう!