新型コロナウイルスが流行し始めてから早くも2年以上の時が経ち、ご自宅でのテレワークにすっかり慣れてきていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

この2年間で、より快適にテレワークを行うための環境づくりに励んできた方がいらっしゃる一方で、暫定的な環境でなんとかやり過ごしてきた方もいらっしゃると思います。

今回は、テレワークでよくあるお部屋の悩みと、テレワークにおすすめの間取りをご紹介します。

今後も現在のようにテレワークが続く可能性はないとは言い切れませんし、この機会にしっかりテレワークに集中できる環境を整えてみてはいかがでしょうか。

快適にテレワークをするために気を付けたいこと

テレワークでよくあるお部屋の悩みを3つ紹介します。

1つ目は、仕事とプライベートの切り替えが難しいことです。これは、住空間と仕事場が全く同じ場所になってしまっていることが原因として考えられます。

解決策としては、物理的に仕事場を区切るのがおすすめです。ワンルームのお部屋だと使えるお部屋が1つしかないため、物理的に完全に区切るというのはなかなか難しいかもしれません。しかし、簡単なパーテーションを設置したり、仕事専用のデスクスペースを決めてプライベートと使い分けたりするなど、ちょっとした工夫だけでも気持ちの切り替えには効果的です。

2つ目は、テレワークに必要なモノを配置するスペースが確保できないことです。

職種や仕事内容によるところはありますが、ご自宅でテレワークをするとなると、これまでオフィスに置いていた仕事用のモノは自宅で使用することになります。文房具などの事務用品が少し増えるくらいなら問題ないですが、大量の書類やプリンターなどの機械を自宅に置くとなると、なかなかスペースの確保が難しいですよね。

そのような場合には、収納スペースを活用するのがおすすめです。特に、これから引っ越しを検討しているという方は、収納スペースがなるべく広いお部屋を選ぶと便利です。仕事用のモノを収納スペースにしまっておくことで、モノが少なくすっきりとしたお部屋に整えることができます。

3つ目は、通信環境が安定しないことです。Webでのビデオ会議や、チャットのやりとりが必須と言っても過言ではないテレワークにおいて、通信環境が整っていないことは致命傷になりかねません。プライベートでは、少しくらい通信環境が悪くてもなんとかやり過ごせることもありますが、仕事となるとそうはいきませんよね。

家中どこでも快適な通信環境を整えるためにWi-Fiの中継機を設置する、もしくはどうしても安定しない場合は有線接続を検討するのも良いでしょう。

一人暮らしのテレワークには1LDKがおすすめ!

一人暮らしのテレワークには、1LDKがおすすめです。その理由をいくつか紹介します。

まず、1Kや1Rのお部屋と比べて、シンプルに部屋面積が広いです。全体的にゆったりと使うことができるため、心なしか気持ちにも余裕ができるかもしれません。

次に、仕事とプライベートのスペースを物理的に区切ることができ、オン/オフの切り替えがしやすいです。1LDKの間取りでは、1部屋を寝室、もう1部屋を生活スペースにしたり、1部屋を生活スペースとしてまとめてしまって、もう1部屋を仕事部屋にしたりすることができます。

これは1Rや1Kの間取りではなかなかできないですよね。場所を使い分けるようにしたことで、睡眠の質が上がった!なんて方もいらっしゃるようです。また、1Rや1Kの間取りでもウォークインクローゼットなどの大きめの収納があれば、その収納スペースを部屋に見立てて仕事部屋として活用することもできるようです。

他に、1LDKのお部屋をおすすめする理由として、一般的に1Kや1Rと比べて設備が充実していることが挙げられます。収納スペースが多く充実していたり、コンロが2口以上設置された広いキッチン、玄関にはTVモニター付きインターホンが標準装備されていたりなど、暮らしやすい設備が充実していることが多いです。

テレワークではご自宅で過ごす時間もかなり増えますし、自宅の設備が充実しているとプライベートでもおうち時間を楽しむことができますよね。

広いキッチンでテレワーク中のランチタイムを充実させると、気分転換にもなるのでおすすめです。

ここまで、1LDKをおすすめする理由をご紹介しましたが、もちろんデメリットも存在します。それは、当たり前ですがお部屋が広くなる分、家賃が高くなってしまうことです。

テレワークが続くことが想定されるのであれば思い切ってグレードアップしてみるのも良いですし、もうほとんど出社することがないのであれば、いっそのこと郊外に引っ越すのもおすすめです。都内と比べて郊外に出ると家賃はぐんと安くなるので都内で1Rのお部屋に住むのと変わらない家賃で広いお部屋に住むことも不可能ではありません。ぜひ検討してみてください。

また、間取りだけでなくお部屋のレイアウトを工夫することでもテレワークに集中しやすい環境にすることができます。

例えば、写真のように壁側にデスクを配置するとデスクに向かっている間は余計なものが視界に入ってこないため、仕事に集中することができます。

他に、デスクとソファやベッドなどの向きを調整することによって仕事モードとプライベートモードで目に見える景色をガラッと変えて、気持ちを切り替えるなんてことも可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はテレワークのよくあるお悩みと、おすすめの間取りについてご紹介しました。

これから引っ越しを考えている方だけでなく、今住んでいるお部屋でテレワーク環境を見直したいという方にとっても取り入れられる工夫もありますので、ぜひ参考にしてみてください。