複数の駅からアクセスがしやすい立地、生活の利便性の良さにも注目

アーバネックス小石川春日は、東京都文京区春日1丁目に位置する、地上10階のRC(鉄筋コンクリート)建てのマンションです。今回ご紹介する201号室の専有面積は、46.82㎡。部屋は西向きとなっているので、午後には日差しが入りやすくなるのが特徴です。

マンションの外壁は、グレーを基調としたスタイリッシュで洗練された雰囲気となっています。2022年築のマンションということもあり、エントランス部分にはオートロックだけでなく、Amazon置き配などの宅配ボックスも備わっており、今の時代のニーズに反映した設備が整っているのが特徴です。そして、リモートワークを支えるネット環境は、回線工事や契約をしなくても、簡単につなげられます。ほかにも自転車置き場がマンション内にあるため、自転車で移動する方にもおすすめの物件といえるでしょう。

アーバネックス小石川春日201号室の最寄り駅は、
・東京メトロ丸ノ内線&南北線「後楽園」徒歩9分
・都営三田線&大江戸線「春日」徒歩9分
・東京メトロ有楽町線「飯田橋」徒歩9分
の3駅5路線です。都内の主要エリアへのアクセスがしやすい点が、特筆すべき点といえるでしょう。

また、マンションの近隣は、まいばすけっとやいなげやなどのスーパーだけでなく、後楽園駅直結の商業施設メトロ・エム後楽園、文京区役所があるので、総合的な観点から生活の利便性には優れています。

大好きな猫とのマンションライフが叶えられる物件

アーバネックス小石川春日201号室は、猫との暮らしを想定した間取りであり、一般的なマンションの間取りと異なる点があります。猫も部屋で快適に過ごせるよう、実際にキャットウォーク(※主にLDの天井近く)やキャットスルー、脱走防止ドア、専用トイレを設けました。

また、仕事に専念したいなどの理由で猫を一時的に預けたいという場合、月6回までのキャットシッターチケット(※家賃・管理費として含まれている)が利用できます。チケットを有効活用しながら、猫との楽しい生活と生産性の高いテレワークをしたい方にもおすすめの物件といえるでしょう。

部屋の内装は、清潔感溢れる白が基調です。LDと洋室は間取り図では独立しているものの、床に段差がなく、フラットな作りであり、襖で括られています。ケースバイケースで襖を開けると開放感を演出でき、家具の配置の幅を広げられます。テレワークに関しては、LDでも洋室でも対応可能な間取りです。バルコニーは、LDと洋室から出入りができるようになっているので、猫と少し外で戯れたいときに活用できるかもしれません。

そして、洗面所・トイレ・浴室は、それぞれ独立した間取りとなっており、白基調のシンプルな空間に仕上がっています。

近隣は観光娯楽スポットが複数あり、外の良い刺激でエネルギーをチャージしよう

アーバネックス小石川春日201号室は、日当たり良好な部屋で充実したライフスタイルを叶えられるだけではありません。マンション近隣には、東京ドームシティや小石川植物園、ラクーアといった息抜きできる観光娯楽スポットがあります。テレワークのオフタイムに足を運んでみるのも良いでしょう。外の良い刺激を受けることは、心身ともにリフレッシュができ、テレワークにも何らかの良い影響を与えることがあるかもしれません。

家でも近隣でもライフスタイルの満足感を得たいなら、テレワークができる環境が整っているアーバネックス小石川春日201号室もチェックしてみてくださいね。特に猫好きなテレワーカーの方、こちらの物件情報を確認してみてはいかがでしょうか。