実家でテレワークを行いたいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

中には、介護など家庭の事情で離職して、地元へ戻らなければならない方もいるかもしれません。里帰りテレワークが可能な会社であれば、地元への移動時間を削減し、時間を有効活用できるため、離職せずに済むかもしれません。

近年、注目を集めている「里帰りテレワーク」の特徴や背景、メリットについて詳しく解説します。

介護などの家庭の都合で仕事を辞めなければならないかもしれないとお悩み中の方や、そんな社員を抱える企業の担当者様は、ぜひご一読ください。

テレワーク導入企業で広がる「里帰りテレワーク」制度

テレワークが一般的になりつつあり、多くの企業でテレワーク制度が導入されています。出社をせずに仕事ができるテレワークは、社員の生産性向上にも期待されています。そんな中で、自宅ではなく実家で仕事ができるようにする「里帰りテレワーク」の制度を設けている企業も出てきました。ここでは里帰りテレワークについて簡単にご紹介します。

里帰りテレワークとは

里帰りテレワークとは、その名の通り実家へ里帰りをして仕事を行うテレワークのことを言います。

基本的にテレワークと言えば、会社近郊にある自宅で行うことが想定されていますが、こうした里帰りテレワーク制度を設けることで、遠方にあることも多い実家での業務を許可する企業も少しずつ増えているようです。

自宅以外でのテレワークが認められていないことも

一方で、まだまだ自宅以外でのテレワークが認められていないケースも少なくありません。

VPNの整備などのセキュリティ面での問題や、外部でのトラブル、テレワーク手当の支給範囲など、自宅に限定しないテレワーク制度は、会社にとって考えなければならない問題が多く、多くの企業では自宅以外でのテレワークを認めない傾向があるのです。

したがって、里帰りテレワークを希望する方はまずは会社の規定を確認することから始め、もし制度が整っていなければ、改めて会社と掛け合う必要があります。この点は注意をしてください。

里帰りテレワークが検討されはじめた背景

制度としてきちんと整備をしている企業はまだまだ多くないものの、里帰りテレワークは少しずつ広がりを見せています。ここでは、里帰りテレワークが広がりつつある背景を解説していきます。

介護

里帰りテレワークが検討され始めた背景には、「介護」があります。

「介護離職」という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

仕事でキャリアを積んできた人たちが、介護のために仕事を離職するケースが増加しています。たとえ長期間有休休暇を使ったとしても、有休期間中に介護が終わるようなケースは少なく、休暇明けにやむを得ず業務内容が変化してしまう可能性も考えられるでしょう。

このような不都合を減らし仕事と介護の両立を目指すために、里帰りテレワークの導入が期待されているのです。

災害

地震や台風などの災害が多い日本では、災害で職場が機能しなくなった状態を想定しておかなければなりません。逆に、実家のある地域で災害が発生した場合、家族の世話や復旧の手伝い等で地元に帰らねばならない場合も出てくるでしょう。

そのような事態に陥ったとき、里帰りテレワークが導入されていれば、地元に帰りながらも業務を行なうことが可能です。

このように万が一災害が発生したときにも、状況に合わせて、地元等でも仕事ができるよう、里帰りテレワークの導入が検討されています。

里帰りテレワークのメリットとは

里帰りテレワークには、もちろんメリットもあります。

介護をしながら仕事ができる

里帰りテレワークは、介護をしながら仕事ができる点が大きなメリットのひとつです。

例えば、週一回だけ父親の通院付き添いのために実家でテレワークを行なったり、介護のために金曜日に実家でテレワークを行い、週末3日間実家で過ごしたりなどの活用方法が挙げられます。

会社側にもメリットがあります。里帰りテレワークの制度があれば、会社に出勤せずとも実家で働くことができるので、社員の介護離職を防ぐことに繋がるからです。

その他にも、企業が独自で「両立支援制度」や「介護サービス」などの制度を設けている場合もあります。このような制度も活用すると、一層介護の負担を減らすことが可能です。

自分が希望する働き方がある場合は、会社と相談しながら進めましょう。

両親などの家族との時間が増える

里帰りテレワークは、両親などの家族との時間が増える点もメリットです。

会社に出勤する働き方だと、どうしても家族と過ごす時間が限られています。お盆や正月など長期連休しか帰省することができない方も多いです。

しかし、里帰りテレワークであれば、仕事をしながらも実家の家族と一緒に過ごす時間を作ることができます。

また、都会に住んでいた時は休日でも人が多くて外出する機会が少なかったけれど、実家で里帰りテレワークをするようになってから、外出することが増えたという人もいます。

普段、都会で仕事をしている方にとって里帰りテレワークは、家族との時間を大切にしながら、都会にはない落ち着いた環境で仕事に取り組むことができる制度と言えるでしょう。

まとめ

里帰りテレワークの特徴や背景、メリットについて詳しく解説しました。

里帰りテレワークは、介護と仕事の両立が可能なだけでなく、企業側にとっても貴重な人材の離職を防ぐことができるので、双方にとってメリットがあります。

家庭の事情で仕事を辞めなければならないとお困りの方は、会社に相談し、里帰りテレワークの制度の新設検討や活用をしてみてください。