コロナ禍の影響によって働き方が変わり、テレワークになったという人もいることでしょう。テレワークがメインとなると家族以外と対面する食事の回数が減り、仕事の人間関係が希薄となっている人もいるかもしれません。こちらの記事では、仕事の人間関係を円滑にする効果をもたらす、リモートランチ会を提案および企画するポイントを紹介します。

リモートランチ会は仕事の人間関係を円滑にする

働き方がテレワークとなると、対面する機会が減ります。この状況のなか、仕事を続けていくと、コミュニケーションの行き違いによる誤解が生じてしまい、「やりづらさ」を感じるということもあるかもしれません。それを防ぐための一つの方法として、リモートランチ会をする機会を設けることが挙げられます。ランチ会で仕事から離れた場で交流することは、人間関係を円滑にする効果をもたらし、仕事もスムーズに進むことでしょう。

また、新しく入社した人に対しては、歓迎会的なランチ会を設けると、人間関係の不安を払拭できるなどの良い効果をもたらします。

リモートランチ会を企画提案するポイント

リモートランチ会を機会に人間関係を円滑にしたいなら、事前の準備が必要です。この章では、企画および提案するポイントについて紹介しましょう。

目的を明確にする

ただ気まぐれに「ランチします」ではなく、「今回のランチは、●●チームの交流会」「新入りの●●さんを迎えてのランチ会」などの目的を明確にしましょう。目的が決まっていると、招待された側も判断しやすく、参加率がアップします。

用意するランチのスタイルを事前に決めておく

リモートランチ会の当日に参加者が慌てぬよう、ランチのスタイルを、各自に任せる、または福利厚生として何らかのデリバリーサービスを利用するといったことを決めておきましょう。デリバリーサービスを利用する場合、金額の負担の詳細(※ここでは各自負担か会社負担なのかなど)を忘れず伝えましょう。

当日の内容を考える

リモートランチ会を段取り良く行うには、当日に実施する内容や時間配分を考えておくと良いでしょう。例えば、アイスブレイクのネタに「ふるさと自慢」などを決めておくと、話が盛り上がるかもしれません。また、「ランチ中ほとんど話せなかった」というメンバーが出ない様、時間配分を決めておきましょう。

組織の規模が小さくなければ「シャッフルランチ会」を企画提案もあり

組織にいるメンバーが30人以上の場合、交流ができていない人もいることでしょう。このような形態の組織であれば、交流があまりないメンバーとの「シャッフルランチ会」を企画提案すると、参加対象者のワクワク感を上げられるでしょう。例えば、チャットツールのメンバーにいるのを知っているけれど接点がない人がいたら、リモートランチで交流の機会を作っておくと新たな発見があり、仕事やプライベートに役に立つということがあるかもしれません。

「リモートランチ会」を企画提案するならテレワークライフの充実にフォーカスしよう

リモートランチは、テレワークの貴重な時間に実施する会であり、これからの仕事や人間関係を円滑にする機会の一つです。参加者が末永く参加したいと思うなら、参加者目線に立ち、企画や提案を進めるのがポイントです。こちらの記事を参考に、テレワークライフの充実を図っていきましょう。