自宅もしくはマンションの一角をテレワークのスペースとして使う場合、いくつかのモノを揃えることもあるでしょう。その中でも大きなポイントとなるのが、仕事の生産性を左右する家具の選び方です。今の時代、家具を買うだけでなく、レンタルする選択肢もあります。こちらの記事では、サブスクとしてテレワーク向けの家具をレンタルする魅力と知っておきたいポイントを紹介しましょう。

家具レンタルの魅力とは?

テレワークシーンで家具レンタルを選ぶ主なメリットは以下のとおりです。

家具を購入するよりも費用を抑えられる

家具をいくつか購入すると金額がかさんでしまうのは、今も昔も同じです。金銭的に家具を買う余裕がなくても、レンタルなら初期費用を抑えられるので、お気に入りの家具をテレワークの家具として活用できます。

自分にフィットしないと思ったら解約できる

お気に入りの家具をレンタルしたものの、実際に使ってみたら自分にはフィットしなかったこともあります。家具のレンタルであれば、解約できる(※事前に解約の連絡は必須、ガイドラインは契約内容を要確認)ので、家具を購入して後悔して悩むということもありません。利用を一旦解約し、また別の家具レンタルを選び、本当にフィットした家具を見つけ出すのも良いかもしれません。

家具を使ってみて気に入ったら購入ができることもある

テレワークで家具をレンタルしたら、その家具を買って長く使いたいということもあるかもしれません。そんな方のために、家具のレンタル業者では、買い取りサービスを設けている場合があります。家具レンタルを展開している企業でも、買い取りサービスプランを展開しているケースがあるので、レンタルを決める前に買い取りの有無をチェックしておくと良いでしょう。

家具レンタルを選ぶときに知っておきたいポイント

前の章では、家具レンタルの魅力について触れましたが、やはり、レンタルサービスを検討するなら、レンタル内容の詳細を知っておくことも必要です。こちらの章では、知っておきたいメリットをまとめています。

レンタル最低期間を設けている場合がある

家具レンタルサービスは、運営会社によって「最低3カ月以上契約」などの期間を設けています。サービスの説明を熟読し、最低期間の項を忘れずにチェックしましょう。

レンタル料金以外に発生する料金をチェックする

家具レンタルサービスに支払う費用は、レンタル料だけではありません。家具を運搬してもらう料金や、契約満了前の解約による違約金などが発生するケースもあります。お目当てのサービスの料金をチェックし、実際にどのくらいのコストになるかということも確認しておきましょう。

ほかにも家具の組立を依頼する場合、「組立料」などという費目で追加料金が発生するサービスもあるので、要チェックです。

月の途中契約でも月極め料金が発生することもある

家具のレンタル利用開始が、月初でも月の途中でも利用料の変更がなく、月換算で料金が発生するケースがあります。家具をレンタルするなら、なるべく月初スタートで考えておくと良いでしょう。

テレワーク向け家具レンタルサービス3選

コロナ禍によってテレワーク向けの家具が、続々と登場しています。
こちらの章では、テレワークにおすすめの家具レンタルサービスを紹介していきましょう。

1.無印の月額定額サービス

出典:無印良品の月額定額サービス(ベッド・デスク・チェア・収納)

無印良品では、2021年1月から本格的に家具類のサブスク事業に参入しました。契約期間は、1年・2年・3年・4年の4つのプランで展開しているので、賃貸の契約期間に合わせてレンタル期間を調整できます。レンタルで家具を使っていて、買い取りたいと思ったら、買い取りも可能です。

2.subsclife(サブスクライフ)

出典:subsclife (サブスクライフ)|家具・家電のサブスクサービス

subsclifeは、お気に入りのデザイン家具を月額500円からレンタルできるサービスです。期間を自由に選んで利用できるのもポイントの一つ。ライフスタイルに合わせて、「必要なとき、必要な分だけ選ぶ」という家具の使い方ができます。また、レンジや電気ケトルなどの人気ブランド家電のサービスも展開しているので、要チェックです。

3.CLAS(クラス)

出典:CLAS

CLASは、家具および家電レンタルに特化したサブスクサービスを展開しており、月額440円から利用できます。加えて、通常の配送料は無料です。家具だけでなく、照明や観葉植物などもレンタル可能。

また、2021年12月には、レンタル期間が1年経過したら、月額利用料を20%割引するなどの新サービスを発表しました。

まずは家具レンタルの情報をチェックしてから検討しよう

こちらの記事では、テレワーク向けの家具レンタルサービスについて紹介をしました。家具レンタルサービスの魅力は、何と言っても購入よりも初期費用が安い点と、フィットしなかったら家具を手放せる選択肢などがあることです。購入前にいくつかの家具をレンタルし、使用感をチェックしてから「本当に欲しいものを買いたい」という方には、おすすめです。

まずは、家具レンタルのサービス会社の情報をチェックし、コストや間取りなどを考えながらレンタルの利用をすすめていきましょう。