急速に蔓延した新型コロナウイルスの影響で、自宅の環境を十分に整えることができないまま在宅勤務を余儀なくされている方も多いのではないでしょうか。

在宅勤務を快適に行うためには、机や椅子などのオフィス家具を整えたり、静かに集中できるスペースを確保したりと、さまざまな準備が必要ですよね。

今回は、その中でも「音」に焦点を当てて、在宅勤務をより快適にするための方法をご紹介します。

何かと問題になりやすい「音」問題

在宅勤務をしていると、Web会議中に家族の生活音が入ってしまったり、屋外からの騒音が入ってしまったりすることがありますよね。逆に、自分の声が家族や近所に聞こえているのではないかと不安になることもあるのではないかと思います。

また、Web会議中でなくても、仕事とは無関係の音が聞こえてくるのは集中力を削ぎ、作業効率の低下に繋がります。

とはいえ、防音設備の整った家に引っ越すわけにもいきませんし、静かな環境をすぐに整えることはなかなか難しいと思います。

そんな方におすすめしたいのが「防音室」です。

テレワークには防音室がおすすめ?

<防音室とは>
防音室とは、一言でいうと防音壁で囲まれた部屋のことです。

壁・天井・床の全てが防音壁で囲まれているため、外部への音漏れや、外部からの音を気にせずに過ごすことができます。

もともとは、楽器を自宅で練習したい人に多く利用されていたのですが、最近ではテレワークのために利用する方が増えてきているようです。

「防音室」と言われると防音設備が整った大きなお部屋のことをイメージされる方もいらっしゃるかもしれませんが、そういったお部屋のみでなく、お部屋の中に「防音設備の整った倉庫のようなもの」を設置するタイプの防音室もあります。

今回在宅勤務におすすめしたいのは、この設置型の防音室です。

<防音室がおすすめなワケ>

在宅勤務の環境を整えるために防音室をおすすめする理由は、大きく2つあります。

まず1つ目は、手軽に静かな環境を整えられることです。

防音室の中には工事なしで簡単に設置できるものがあり、引っ越しや、防音工事などに比べると比較的手軽に設置することができます。しかも、防音のクオリティもある程度保証されているので、「せっかく防音の物件に引っ越したのに思ったよりも音漏れしている」なんてこともありません。

また、1畳以下の小さいサイズから展開があり、小さいお部屋でも必要最低限のスペースで設置することができます。たとえば、自分の書斎がない方や、1Rや1Kなど単身用のマンションなどにお住まいの方でも利用ができるかもしれませんね。

2つ目の理由は、仕事とプライベートの空間を分けられることです。

在宅勤務の課題として、「仕事とプライベートを過ごす空間が同じになってしまい切り替えが難しいこと」があげられます。防音室をうまく活用して、「防音室では仕事、防音室から出ればプライベート」と物理的に棲み分けることで、気持ちの切り替えにも役立てることができます。

<防音室の選び方>
防音室を選ぶ際には、以下の3つのポイントを確認しましょう。

1.サイズ
2.防音・吸音効果
3.設置方法

まず1つ目は、防音室のサイズです。
0.6畳などかなり小さいサイズのものもありますが、防音室をどのように使うのかイメージをはっきりさせた上で、適切なサイズの防音室を設置することが重要です。

Web会議用にスタンディングデスクを設置するだけであればほとんどスペースは必要ないですし、机や椅子などオフィス家具を置きたい場合はその分のスペースが必要になってきます。

利用イメージをはっきりさせた上で、必要なスペースが確保できるサイズを選びましょう。

2つ目は、防音・吸音効果です。
せっかく防音室を設置するので、防音や吸音の効果はしっかりしたものを選びたいですよね。

商品説明に、「実際の音が防音室の効果によってどの程度に抑えられるか」という目安が記載されていることが多いので、そちらを確認してみましょう。

壁の種類によっては、音が反響してしまって、かえって聞き取りにくいものもあるようですので、できれば実際に店舗を訪れて使ってみるのが良いかもしれません。

最後は、設置方法です。
工事不要で自分で簡単に設置できるものから、メーカーが取り付けまで行ってくれるものなど、防音室の設置方法はさまざまです。エアコンの設置を合わせて依頼する場合など、オプションが多くなればなるほど予算や時間もかかってきますので、ご状況に合わせてベストなものを選んでくださいね。

まとめ

テレワークの「音」問題に対処するための手段として、防音室についてご紹介しました。いかがでしたでしょうか。
決して安い買い物ではないですが、今後も各企業においてテレワークが継続されることが予想されます。長い目で見れば、早い段階で日々の勤務環境に投資することは良い買い物になるのかもしれません。自宅の環境を整え、より快適なテレワークを目指してみてはいかがでしょうか。