仕事のオンオフが上手いテレワーカーもいますが、一方でそのオンオフが上手くできないテレワーカーも少なからず存在します。また、「もしかしたら、オンオフができていないかも……」と感じるテレワーカーもいるかもしれません。

では、仕事のオンオフができないテレワーカーにどんな特徴があるのでしょうか。こちらの記事では改善ポイントと併せて紹介していきましょう。

複数の調査でも判明!実は仕事のオンオフができない人が結構いる

これまでテレワークの導入による働き方の変化に関する調査がいくつか実施されてきました。そのなかでも以下の2社のデータを用いて解説していきましょう。

1.カルビー株式会社の調査
カルビー株式会社が2020年9月に発表した「女性のテレワークに関する実態調査」においても約半数以上が「仕事とプライベートの境界線が曖昧」であると回答。加えて、約3割「ひとやすみしづらい」という回答もありました。

出典:-女性のテレワークに関する実態調査-女性のテレワークの実態が調査によって明らかにより良い「テレワーク」のカギは適度な“ひとやすみ” ⁉|カルビー株式会社のプレスリリース

2.マイボイスコム株式会社の調査
マイボイスコム株式会社は、2021年5月に「在宅勤務・テレワークに関するアンケート調査(第2回)」を実施。自分のペースで仕事ができるなどという前向きな回答がありますが、課題点として約4割の方が「オン・オフの切り替えや気分転換が難しい」という回答でした。

出典:【在宅勤務・テレワークに関する調査】メリットは「通勤ストレスの減少」が6割強、「時間を有効活用」「気候や交通状況に左右されず業務できる」などが各30%台。課題は「オン・オフの切り替えや気分転換」4割強|時事ドットコム

テレワークは通勤時間がない、感染予防になるなどのメリットが挙げられますが、その一方で仕事とプライベートのオンオフの切り替えが難しいと感じている人が比較的多いことがわかることでしょう。

オンオフができないテレワーカーの主なタイプ4つと改善策とは?

仕事のオンオフができないテレワーカーとは、どのようなタイプなんでしょうか。主なタイプを次のとおりまとめています。

タイプ1:服装が部屋着のまま
家にいるときは、部屋着を着てのんびり過ごすことが好きなテレワーカーもいるかもしれません。しかしながら、部屋着を着たまま仕事をしているとモチベーションアップが思うように上がらなかった……という事例もあったそうです。

◆改善策:部屋着でテレワークをしてしまうことが多い場合、仕事のオンオフがきちんとできているかどうか考えてみましょう。オフィスカジュアルの服装に着替えるのも一つの手です。

タイプ2:部屋が散らかっている
部屋の中に洋服が置いたままの状態や、ゴミが捨てられていないといった散らかった状態だと、気持ちが落ち着かず集中力が低下する恐れがあります。

◆改善策:部屋の中が荷物などで散らかっている場合、仕事のスペースを整理整頓してから臨むことが必要です。

タイプ3:時間の区切りができていない
日中仕事がはかどらないから夜に作業するというテレワーカーもいることでしょう。「いつでも仕事ができる」のがテレワーカーのメリットであり、特権ではありますが、ダラダラやってしまうと効率も良くありません。それがクセとなって、いざ仕事時間のリミットを打診されたときに対応できなくなるリスクも潜んでいます。

◆改善策「夕方までに終わらせる」「夕方6時以降は基本的に仕事でパソコンを使わない」といった時間のガイドラインをきちんと決めておく

タイプ4:私用のスマートフォンをつい手にする
テレワーカーのなかでも「保育園(学校)から電話が入るかもしれない」などの緊急事態に備え、プライベート用のスマートフォンを自分から近くの場所に置いている場合もあります。誘惑に負けて、友達からLINEとが来ると「つい見てしまう」ことになることも。状況によって仕事のペースを崩す可能性も十分あり得るかもしれません。

◆改善策:緊急対応の連絡先の呼び出し音と、それ以外の呼び出し音を別の設定にしておく。重要度があまり高くない呼び出し音はオフモードがおすすめです。

テレワークでオンオフを切り替えるポイント

普段のテレワーク生活にメリハリをつけたいという場合、あらゆる方法があります。参考までに、テレワークでオンオフを切り替える方法について紹介します。

方法1:仕事前に室内で運動する
仕事前に関節のストレッチをしたり、室内で使えるエクササイズグッズを用いて運動したりするのは、仕事へのやる気が出ます。ほかにも動画エクササイズのコンテンツも充実しているので、ご自身のお好みのものを選びましょう。

参考商品
コードレスなわとび 両用 縄跳び カウンター 2way跳び式

方法2:モチベーションアップになる音楽を聴く
仕事に入る前にコーヒーを飲む、瞑想するなどさまざまな方法(儀式)があります。音楽を聴くというのも一つの方法です。音楽のサブスクサービスのSpotifyでは、テンションがアップする音楽をも多数ピックアップしています。最適な曲をチェックしてみてはいかがでしょうか。

日頃から仕事のオンオフができているかどうか確認しよう

テレワークでオンオフができないという場合、部屋が片付いていない、スマートフォンから離れられないというなどが挙げられます。このオンオフができなくなると生産性も下がる要因にもなります。テレワークでも仕事のオンオフができるよう、今の自分の改善点を洗い出し、今後のためにも克服する努力が必要です。