コロナウイルスの流行が始まって1年半、いよいよテレワークが普通の世の中になってきました。
コロナの流行しはじめた時期は「一時的に」テレワークをするしかない、というような状況の方も多かったと思いますが、いつの間にか「当たり前に」テレワークをするようになってきていると思います。
このような形でテレワークが進んだ以上、今後テレワークはより一般的になって行くのではないかと思います。

そう考えると、普段住んでいる家が、仕事のための作業スペースにもなってきます。
今後家で仕事をする時間が増えたり、家で過ごす時間が増えていくことを考えて「家そのもの」の環境を変えようと思う方も多いのではないでしょうか。

そして、家について考えるときの永遠の議題が「賃貸か持ち家か」だと思います。

どちらがいい!とか悪い!というのは正解はありません。選択は人それぞれですが
今回は賃貸に住み続けることをシミュレーションしながら両者を比較してみようと思います。