テレワークが当たり前になり、オンラインでのプレゼンテーションの機会が増える中、プレゼン資料作りに苦心している人は多いのではないでしょうか。

テンプレートを使用してみるものの、毎回同じようなデザインでマンネリ化してしまったり、デザインばかりに気を取られて、肝心の内容を作り込む時間が少なくなってしまったり…。

そんな方にぜひ使ってみていただきたいのが、Googleスライド。

個人向けのGmailアカウントでも、企業向けのGoogle Workspaceのアカウントでも、Googleのアカウントをお持ちの方なら誰でも利用できる、プレゼンテーション作成ツールのGoogleスライドですが、デザインにお悩みの方におすすめの機能があるのです。

今回は、そんなGoogleスライドの活用術をお伝えします。

資料のデザインはAIがする時代?!

まだあまり知られていませんが、実はGoogleスライドには、AIが自動でデザインを提案してくれる機能があるのです!

この機能さえ知っていれば、いままでデザインに頭を悩ます時間を、プレゼン内容の整理や、他のタスクに有効に使うことができます。

生産性や効率が重視されるこの時代。苦手なことや本質的なところ以外は積極的にAIに任せて、人間は人間でしかできない価値を生み出す仕事に集中することが求められているということでもありますね。

それでは、具体的にその使い方を見ていきましょう。

まずは、レイアウトに沿ってプレゼンの内容を入れ込もう

Googleスライドで、デザインを簡単に整えるためには、まずプレゼン内容をスライドに入れ込むことが必要です。

Googleスライドには、あらかじめレイアウトのテンプレートが用意されています。レイアウトとは、「(表紙としての)ページタイトル」が記載されているものや、「ページタイトルと、画像の挿入スペース」が用意されているものなどを指します。

任意のレイアウトを選択したら、そのページに記載したい情報を入れ込んでいきましょう。

その際、ページのデザイン(フォントやフォントサイズ、配色など)は考慮する必要はありません。レイアウト内のテンプレートに沿って、情報を入れ込むことだけ忘れないでください。

商用利用可能な画像も、スライド内で簡単検索!

レイアウトに情報を入れ込む際、画像を利用したい場合は、挿入場所やサイズ、配色等は気にせずにスライドに貼り付けましょう。デザインはあとでAIが整えてくれるので、本当にただスライド上に置くだけで構いません(スライドからはみ出ていたって構いません)。

また、任意の画像が手元にない場合は、Googleスライド内で画像を検索することもできます。

画面右下の「データ探索」ボタンをクリックし、任意のキーワードを検索すると、商用利用可能な画像を検索し、即座にその結果が表示されます。利用したい画像が見つかったら、その画像をドラックして、スライド上にドロップすれば、挿入完了。わざわざ、画像検索サイトを開いて画像を探して…という手間を取る必要はありません。

仕上げのデザインはAIにお任せ!

資料の内容の入れ込みが完了したら、いよいよ最後の仕上げ。

デザインを整えたいスライドを開いた状態で、画面右下の「データ探索」ボタンをクリックすると…なんと、これだけでおすすめのデザイン案が表示されたではありませんか(約10案ほどが表示されました)!

あとは、好みのものをダブルクリックするだけ。選択したデザインが反映されました!

いかがですか?いままで頭を悩ませて、何十分とかけていた作業が、たったの数秒で完結してしまうのです…。これを使わない手はありません。

テクノロジーを活用して、自分にしかできない仕事に集中しましょう

知ってしまったからには使わないわけにはいかない、GoogleスライドのAIによるデザイン作成機能。本当に、いままで費やしてきた労力や時間、悩みが嘘のように、解決してしまいます。

頼れるものには積極的に頼り、自分にしかできない仕事を生み出していきましょう。

まだ利用したことがない方は、ぜひ活用してみていただきたいおすすめ機能です。