テレワークが始まったことにより、今まで以上に家のネット環境を気にするようになった方も多いと思います。これを読んでいる皆さんの中にも、「家のWi-Fiが遅くて…」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?Wi-Fiのスピードが遅いことで、Web会議がスムーズに行えなかったり、ファイルのアップロード・ダウンロードに時間がかかったりしてしまうなど、意外とストレスが多いものです。
そこでおすすめなのが、家中どこにいても安定してW-Fiが繋がりやすくなる「メッシュWi-Fi」という技術です。今回はメッシュWi-Fiの概要と製品の選び方についてご紹介します。

メッシュWi-Fiって?

メッシュWi-Fiとは、「メッシュ=網の目」のようにWi-Fiを家中隅々にまで張り巡らせる「メッシュネットワーク」が構築できるWi-Fi機器のことを指します。

※メッシュネットワーク:親機ルーターと複数の子機をメッシュ(網の目)のように繋がりあわせて1つの大きなネットワークを構築する技術のこと

壁や扉などの多い家の場合、Wi-Fiルーターから遠い部屋はネットが繋がりにくい・弱いという難点がありますが、このメッシュWi-Fiを活用することによって、家の中から死角をなくしどこにいても快適にインターネットを活用できる環境にすることができます。特にテレワークのために、新たに書斎を用意したご家庭には是非お勧めしたいネットワークです。

 Wi-Fi中継器との違いは?

同じような考え方で「Wi-Fi中継器」を用意する方もいます。これは、Wi-Fiルーターから距離が遠い部屋でも安定した通信が行えるよう、ルーターと部屋の間に中継器を設置するという方法です。電波が弱くなる前に中継機がそれを受信して再発信することで、電波が届きにくかった部屋でも安定した通信が行えるようになります。一般的に中継器の方が安価なため、こちらを試す方が多いようです。

では、メッシュWi-Fiと中継器の違いはどこにあるのでしょうか?
それは、どこから接続をしているかによって、自動で接続するルーターを変更してくれるかどうかという点にあります。

中継器の場合、親機と中継機のネットワークは「違うネットワーク」と認識されます。そのため、例えば中継器のネットワークに繋いだまま親機のある場所に移動すると、電波が弱くなり、インターネット接続が不安定になることがあります。つまり、移動をした場所に合わせて自分でWi-Fiの接続先を都度変更する必要があるのです。

一方、メッシュWi-Fiの場合は、「家全体で一つのネットワーク環境」と認識されるため、どこにいても快適な通信環境を保つことができます。これは、自動で電波や通信状態が良いルータを検出し、接続先を切り替えてくれるからです。私たちは特に何も気にする必要はありませんので、楽ちんです。

また、「混雑を自動で回避できる」というのも、メッシュWi-Fiのメリットです。最も通信環境の良いサテライトルーターを自動で検出・接続してくれるので、複数の機器をWi-Fiに繋いでも通信環境が遅延しにくくなります。逆に中継器の場合は、たくさんの機器を繋いでしまうと、メインルーターに負荷がかかり、通信環境が悪化してしまいます。「家族がそれぞれ別の機器を使っている」「Wi-Fi接続をする電子機器が多い」というご家庭は、メッシュWi-Fiの方がメリットが大きいということですね。

メッシュWi-Fiはどのように選ぶ?

メッシュWi-Fiを構築するために必要なものは、メッシュWi-Fiに対応しているメインのWi-Fiルーターと、サテライトルーターです。それぞれ対応する安価な別メーカーのものを利用することも可能ですが、うまく繋がらない・繋がりにくいなどの問題が発生する場合もあるため、ネットワーク環境構築に明るくない方は、同じメーカーの同じシリーズ製品でそろえるのが安心です。

購入する台数は、部屋の間取りや設置箇所によって変わります。たとえば、2階建てや3階建ての戸建ての場合、少なくとも各階に1台ずつ用意するのが理想です。設置個所が家の隅の場合、死角をなくすためにもう1台用意すると安心かもしれません。

ワンフロアのマンションの場合は、メインのWi-Fiルーターとサテライトルーター1台で十分な場合が多いです。しかし、部屋と部屋が分厚い鉄筋コンクリートだったりする場合は、やや繋がりにくくなることがあるため、もう1台用意するなど、家の建材や間取りによって必要な台数が変わってきます。

まずは2~3台用意して、それでも死角ができてしまう場合は数を増やすなど、スモールスタートで始めてみましょう。

また、1台当たりの接続機器数にも注目してみましょう。最近では、IoT家電など、パソコンやスマホ・タブレット以外にもWi-Fiに接続して利用する機器が増えています。Wi-Fiルーターには「最大接続可能数」というものがあります。もし、1台のサテライトルーターに大量の機器を接続するとような場所がある場合は、もう1台サテライトルーターを用意しておくと、混雑が防げるので安心です。

家の間取り、接続機器に注目しながらメッシュWi-Fiを構築することで、快適なテレワーク環境を実現できます。自宅のネットワーク環境にお困りの方は、ぜひ実践してみてくださいね。