エコノミー症候群は、狭いスペースの中で食事や水分を取らず、長時間同じ体勢で居続けて、身体の血流の巡りが悪くなったときに発生する症状です。飛行機のエコノミークラスや車の中だけでなく、テレワークでもエコノミークラス症候群になるケースもあることをご存じでしょうか。

こちらでは、テレワークライフ中に、エコノミークラス症候群にならないためにも知っておきたい生活習慣を中心に紹介していきましょう。

飛行機以外でも発症?エコノミークラス症候群とは?

エコノミークラス症候群は、長時間同じ体勢で居続けると、下肢が圧迫されることにより、血流が悪くなり血栓ができてしまう症状のことです。足を十分に伸ばすスペースが狭い飛行機のエコノミークラスクラスで発生しやすいということから、名前に「エコノミークラス」というワードも含めています。

また、エコノミークラス症候群は、足を置くスペースが狭い自動車や高速バスの座席でも、発生する症状です。体内に発生したいくつかの血栓によって肺の静脈を詰まり、呼吸困難や胸の痛み、失神といった状況に陥ることも。症状が重い場合、病院搬送となり、様子を看るといった事態にもなります。

そして、テレワークでもデスク下のスペースが狭く、足を伸ばすスペースがない場合、飛行機のエコノミークラス症候群と同じような症状となる恐れがあるといわれています。

テレワークでエコノミークラス症候群になる要因とは?

テレワークでエコノミークラス症候群になる要因が、身の回りの環境や、普段の行動パターンが挙げられます。では、実際にどのような要因があるのでしょうか。次のとおり、まとめてみました。

デスク下のスペースが狭い

テレワークのデスク下が手狭だと足を伸ばすことが困難です。お手洗いなどで少しの間だけ立ち上がる以外、同じような体勢になってしまいがち。そうなると脚がむくみやすくなってしまい、血液の流れも悪くなる傾向があるといわれています。テレワークで使うデスク下のスペースに余裕がないと感じたら、デスクだけでなく、椅子の高さをチェックすることをおすすめします。

水分補給をほとんどしていない

身体の中の水分が不足してしまうと、身体の血液の巡りが滞り、脱水症状や熱中症などを発症します。テレワークで健康を維持するためにも、適度な水分補給を心がけましょう。

締め付ける衣類を身につけている

スラックスを履いてベルトをきつく締め付けたり、伸縮性があまりないレギンスパンツを履いてしまったりすると、うっ血などになるリスクがあるといわれています。ほかにも、締め付けの強いストッキングやタイツを履きながら、同じ姿勢でテレワークをするのもエコノミークラス症候群になる可能性が高いので、注意が必要です。

普段からやっておきたい生活習慣について

こちらの章では、テレワーカー向けの生活習慣について紹介します。

適度な水分を摂る

前の章でも述べていますが、エコノミークラス症候群になる原因の一つは水分補給が十分にできていないことが挙げられます。そのため、エコノミークラス症候群の対策として、適度な水分補給が必要です。

エコノミークラス症候群の予防で飲み物でおすすめなのは、水または麦茶といったノンカフェイン類。テレワークでコーヒーや紅茶といったカフェイン類を飲む方もいるかと思いますが、カフェインは利尿作用があるため、ノンカフェインよりも脱水症状になりやすくなります。カフェインの摂りすぎには注意しましょう。

たとえば夏のテレワークなら、室内の熱中症のことも考えなくてはならないので、アイスコーヒーを飲む回数を減らし、麦茶に置き換えるといったことをするのもよいでしょう。

脚部を中心としたストレッチを実践し、適度な休憩をとる

テレワーク中でもエコノミークラス症候群対策ができます。デスク下にある足首をアップダウンさせたり、膝を少し曲げたりするのは、テレワーク中でもできる対策といえるでしょう。また、お手洗いで席を離れるついでに立ち上がってアキレス腱を軽く伸ばすストレッチなどもおすすめです。適度な休憩を取り入れるのもエコノミークラス症候群対策になるので、タイマーをかけるなどをして脚部のストレッチをしておきましょう。

以下のサイトには、普段からできるエコノミークラス症候群対策のページが掲載されています。チェックしてみてくださいね。

・厚生労働省/エコノミークラス症候群の予防のために
・日本航空/飛行中(快適な空の旅のために)

仕事仲間と一緒にエコノミークラス症候群の知識を深め、予防策を共有する

エコノミークラス症候群を継続的に予防するには、定期的に仕事仲間との情報共有しておくのもおすすめです。チャットやメールで、「○○がエコノミークラス症候群の対策になる」「○○を使ったら足のむくみが取れた」など、リアルな耳より情報が得られることもあります。

テレワークのエコノミークラス症候群の対策は「意識」することが大切

エコノミークラス症候群は、テレワーク環境が原因で発生するケースもあります。主な原因は、デスク下が狭い、水分補給が十分できていない、締め付ける衣類をつけていたことが挙げられます。健やかなテレワークライフを過ごすためにも、常日頃から水分補給する、脚部のストレッチをコンスタントに行うことを「意識」しましょう。