テレワーク中のWeb会議やミーティングに参加したことがある方のなかには、Web カメラ越しに映っている参加メンバーの背後に入っている画像、いわゆるバーチャル背景が気になるという方もいるのではないでしょうか。

こちらの記事では、Web会議やミーティングに参加する際に知っておきたいバーチャル背景の選び方や留意点を中心に紹介しましょう。

バーチャル背景とは

バーチャル背景とは、zoomやGoogleMeetなどを通じてビデオ会議やセミナーを行っている時に、カメラ越しに映っている人物の背景をお好みで設定できる画像のことを指します。

zoomやGoogleMeetでは、ユーザーを登録し、ログインすれば、アプリに入っている設定から既存の背景からバーチャル背景を選べます。またそれだけなく、各アプリの設定機能にないようなバーチャル背景を設定したいなら、お気に入りの画像を取り込めます。

バーチャル背景を設定するメリット

バーチャル背景は、風景から漫画やアニメ……などといった多くのジャンルから選び、設定することが可能です。たとえば、南国リゾートが好きという場合なら、リゾート地をイメージとした背景を設定するケースもあります。

そして、バーチャル背景を設定するメリットとして挙げるとするなら主に次の2つです。

1.プライベートを隠せる

家が散らかっている、生活感が漂ってしまいがちなら、バーチャル背景を入れることで見られたくないものを隠せます。細かいことを気にせず、Web会議やセミナーに臨めることができるでしょう。

2.ビジネスチャンスにつながることもある

バーチャル背景の画像を会社のロゴやQRコードにしたオンライン名刺を背景画像に入れておくと、「○○株式会社の●●●」ということが相手側に伝わります。それが会社の宣伝につながり、ビジネスチャンスが巡ってくることもあるかもしれません。コロナ禍で対面でのコミュニケーションが十分にできない状況が続いているので、Web会議やミーティングに参加するなら、会社または自己アピールなるようなバーチャル背景を選ぶことをおすすめします。

シーン別・バーチャル背景選びのポイント

1.社外の打ち合わせ

社外の人とオンラインで打ち合わせなら、清潔感あふれるオフィスや自宅リビングといった落ち着いた雰囲気のバーチャル背景を選ぶのが無難です。ただし、相手が社外でも気の知れた間柄という場合なら、その限りではありませんので、常識の範囲で打ち合わせの雰囲気でバーチャル背景を選んでも良いでしょう。

2. 社内のミーティング

車内でも上長や年上の方が多い、お堅い系のミーティングなら落ち着いた雰囲気とカラーで選びましょう。そして、同じポジション(年次)が集まるような緩めのミーティングなら、バーチャル背景をお堅い系で選んでも趣味系で選んでも良いかもしれません。たとえば、ゲームなどの趣味系のバーチャル背景にした場合、アイスブレイクの段階でゲームの話が発展し、議題(本題)にスムーズに持って行くこともできたというエピソードもあります。

バーチャル背景選びでNGなケース

バーチャル背景は、選んだデザインによって、その人の人間性(個性)が相手にわかる場合もあります。例を挙げると、人気アニメのあるキャラクターをモチーフとしたバーチャル背景なら、「このキャラクターが好きなんだ」ということが伝わってきます。これをきっかけに、良い意味で相手との心の距離が縮むという場合もありますが、やはり、面識が少ないメンバーや、ズブズブの関係でない人とのWeb会議なら、自分のプライベートをアピールしたバーチャル背景を控える方が良いでしょう。好きなバーチャル背景を選ぶなら、オンライン飲み会などプライベートで活用しましょう。

また、オンラインで大事な面談や商談なら、奇抜なデザインや相手の会社の競合商品やブランドを匂わせるバーチャル背景を避けましょう。

参考・おすすめのバーチャル背景サイト

バーチャル背景は、Chromeで画像検索でお好みのものを探すのも一つの手ですが、ほかにもおすすめのサイトやアプリがありますので、紹介していきましょう。

1.Canva

Canva(キャンバ)は、SNSの画像などのデザインや文字入れができるサイト(※利用するには登録が必要、登録は無料)です。植物やカフェといったナチュラルで落ち着いたものが多数揃っています。サイト内の「Zoomのバーチャル背景」というページで、お好みのバーチャル背景を作ることができます。

以下のページには、マニュアルも書いてあるので、チェックしてみて下さいね。

Zoomバーチャル背景,おもしろい,人気など合計100種類と10通りの活用方法、設定方法!

2.壁紙屋本舗

壁紙屋本舗は、壁や床といった実際のリフォームに必要なプロダクトを多数揃えているのECサイトです。こちらのサイトには、テレワークを支援する目的としてバーチャル背景の無料ダウンロードのページも掲載されているのがポイント。ナチュラル系からポップ系まで幅広いテイストのバーチャル背景画像がラインナップされています。洗練されていたデザインもありますので、とっておきのお仕事系のバーチャル背景が見つかるかもしれません。

バーチャル背景を選ぶときは相手とシーンを考えよう

ZoomやGoogle Meetでバーチャル背景は、Web会議やミーティングでプライベートが丸出しにならないだけでなく、ときにはバーチャル背景がきっかけでビジネスチャンスにつながることもあります。

ただし、Web会議やミーティングをする相手によっては、バーチャル背景を無難なデザインやカラーにした方が良いという場合も。その点を頭に入れておきながら、社外・社内・プライベートに分けてバーチャル背景を選んでいきましょう。