テレワーク下で、人に会う機会が減ったり、自分の考えをアウトプットする機会が少なくなると、体調や気持ちのコントロールがうまくいかず、なんだかもやもやしてしまうことはありませんか?

私自身、あまり自由に外に出ることができなくなった最近、悶々とした日々を過ごしていました。そんなとき、思い出したのが、モーニングページを書くこと。

モーニングページは、以前読んだ本の中で紹介されていた方法で、数年前、今後のキャリアや生活について悩んでいたときに私自身しばらく続けていて、効果を感じていたものです。

これをすることで、自分の思考と気持ちが整理され、気持ちのよい1日のスタートを切ることができます。外出が難しくなりつつある昨今、最近なんだか不調だな、と悩んでいる方のヒントになればと思います。

モーニングページとは何か?

モーニングページとは、毎朝10分〜15分程度の時間をとって、自分の頭に思い浮かんだことをとにかくノートに書き出していく、というワークです。

とてもシンプルで簡単なワークですが、効果は絶大。

人間の脳は、1日に4万〜6万回のセルフトークとしていると言われています。つまり、無意識のうちに、常に何らかの考え事をしていて、頭を動かしているということ。

自分の頭にあることをとにかく書き出してみることで、それらを一旦リセットし、頭をリフレッシュさせることができます。まさに、瞑想と同じような効果が期待できるというわけです。

また、モーニングページは、原則最初の8週間は読み返さないのがルールなのですが、その後に読み返してみると、自分の思考の癖などが見えてきて、いままで気が付けなかった「自分が本当にやりたいと思っていること」「大事にしたいこと」などを発見することにも役立ちます。

ずっとやりたかったことを、やりなさい』(ジュリア・キャメロン著、サンマーク出版 、2001年4月16日)という本の中で紹介されているものなので、より詳しく学びたい方は、この本を読んでみるのもおすすです。

ここでは、私が実際にやってみた経験から、モーニングページの簡単なはじめ方をご紹介します。

モーニングページのはじめ方

  1. ノートとペンを用意します。
    (基本的に、毎日書いていくので、自分がわくわくするようなお気に入りのノートを準備することをおすすめします。)
  1. 毎朝、起きたらすぐにノートを開き、頭に浮かんだことをなんでも自由に書き出します。
    (細かい時間は問いませんが、継続のために、朝のルーティンに組み込んでしまうのがおすすめ。私も、枕元にノートを置いておき、朝起きたらすぐに書き出していました。)

また、あらかじめ「時間」もしくは「ページ数」を決めておくことがポイントです。例えば、時間を15分と決めたら、15分間は手を止めず、とにかく頭に浮かんだ言葉、感情などを書き出します。もしくは、毎日3ページと決めたら、3ページがいっぱいになるまで、書いてみましょう。

モーニングページのポイント

・頭で考えず、浮かんだものをとにかく素直に書き出す

モーニングページは、誰かに見せるものではありません。
自分しか見ないものですから、ポジティブな感情やイメージだけではなく、落ち込んだり、イラついたり、不安だったり、といったネガティブな感情やイメージも、その場で分析したり解釈することなく、素直に書き出すのが大事です。
また、綺麗な文章で書く必要もありません。箇条書きや、思いついたキーワードなどを羅列するものでも構いません。

・朝一で書く

朝一にモーニングページを書き出すことで、頭も心もスッキリした状態で1日をスタートすることができます。昨日の記憶や夢の中でみたイメージなども含めてすべて書き出し、一旦リセットすることで、新しい出来事を受け入れるスペースが生まれます。

・書き直さない

頭に浮かんだことを素直に書き出してほしいので、上手く書こうと思ったり、この言葉じゃないな、などと考えて、書き直す必要はありません。むしろ「この言葉は違うかも」と思い直したことも、そのまま書いてしまいましょう。
それでも、つい書き直したくなってしまいそうなときはあるので、鉛筆ではなく、ペンを使うのがおすすめです。

・スマホやパソコンで書かない

自分の手を動かして、書き出すことが大事です。スマホやパソコンのメモ帳などに書き出すのは楽ですが、自分自身と向き合う時間を取るため、ノートに手書きしましょう。
むしろ、そのようなデバイスを利用すると、通知などに邪魔されてしまう可能性もあるので、モーニングページを書き出す間は、自分の目に入らない場所に置くことをおすすめします。

モーニングページで気持ちの良い1日を!

いかがでしたか?とても簡単ですよね!1日たったの10〜15分、モーニングページに取り組むことで、頭と心がリフレッシュし、気持ちの良いスタートを切ることができます。

テレワーク疲れを感じたり、なんだか集中できない、もやもやする、といった漠然とした不安や焦燥を感じるときにも、おすすめのワークです。ぜひ、試してみてはいかがでしょうか?