コロナ禍によってテレワークが新しい働き方として定着しています。テレワークの魅力は何と言っても通勤時間が生じないことであり、ウイルスの感染リスクが軽減されることです。

とはいえ、テレワークは家族がいるという方にとって、いくつかの問題点も発生しているという声も挙がっています。こちらの記事では実際にあった問題点と改善策について紹介をしていきましょう。

家庭内テレワーク問題1:家のWi-Fiが不安定でつながりにくい!

感染拡大防止のため、会社の都合で夫婦でテレワークがメインとなったという事例もあります。この場合、朝から夕方まで2台以上のパソコンで家のWi-Fiにつなげると処理速度が遅くなるという声も挙がっています。マンションの場合だと同じ時間帯に複数の世帯がパソコンを使うということもあり回線がパンクしそうになりかけたということも。Web会議のときに負荷がかからぬようビデオ機能をオフにして音声で参加した方もいるそうです。

また家族のテレワーク問題は夫婦間だけではありません。時には子供が絡むということもあります。2020年春、学校が一斉休校となった時、中学から大学を中心にオンライン授業へ切り替えた事例がありました。親がテレワーク中のため、Wi-Fiが不安定な環境でオンライン授業を受けたという学生もいたそうです。学生の場合、単位や出席日数、受験にも絡むのでWi-Fi環境も安定するにはどうしたら良いか家族で考えてみることをおすすめします。

また、コロナ禍を機に座学系の習い事を中心にオンラインの導入が増え、夕方以降にオンラインで塾の授業やレッスンをこなすという子供も増えています。

家庭内テレワーク問題1の改善策:家のWi-Fi環境を見直す

このようにWi-Fiは親も子供も生活に必要不可欠なものとなっているので、小学生以上の子供がいるご家庭なら今一度、家のWi-Fi環境を見直しましょう。

たとえば家族の誰かのパソコン1台をWi-Fiでなくケーブルをつなげて対応するのも一つの手段です。ただし、ケーブルがつながる範囲での作業となるので、作業場所が限られてしまうので、その点を頭に入れておきましょう。

また、ほかの手段としては電源プラグに差し込むだけで設定ができる、速度の速いWi-Fi中継器もリリースしています。仕事部屋や学習部屋の電源プラグに設置しておくと、もともとあったWi-Fiルーターの負荷を軽減することができるでしょう。

このようにWi-Fiの使い方を分散しておくと、「つながらない」「フリーズした」などといったストレスが減り、快適に仕事や学習に取り組むことができます。

参考商品

エレコム WiFi 無線LAN 中継器 ハイパワータイプ ホワイト WTC-C1167GC-W |Amazon

家庭内テレワーク問題2:子供が騒ぎ出して仕事に集中できない!

小学校低学年くらいまでのご家庭によくあるテレワーク問題といえば、家で子供が騒ぐことです。保育園や学童といった固定の預け先を確保していれば、基本的に夕方まで仕事に集中できますが、何らかの理由で子供が早く帰宅することもあります。なかには家の仕事をしている親に興味津々で仕事のこととはよく知らずに話しかけるというケースも。仕事に全集中したい親側にとっては、やんちゃな子供の姿はストレスに感じることもあるかもしれません。

家庭内テレワーク問題2の改善策:夫婦で我が子の生活リズムを確認する

ストレス少なめでテレワークをするなら、家族の行動パターンを事前に把握しましょう。たとえば、子供の下校時間や早帰りする時間、部活の曜日、習い事などの生活リズムを夫婦で確認し、子供が騒ぎそうな時間を予測します。「3時だからそろそろ子供が帰ってくる」ということをわかっていれば、それまでにやるべき仕事もピックアップしやすくなり、生産性も上がるメリットもあります。

また、たいてい小学4年以上の学齢なら場の空気を読めるようになっています。親は「大事な仕事をしているから、この時間だけは騒がないで欲しい」と粘り強く伝えることも必要です。子供がルールを認識することで、思いやりの心を持てるようになります。ほかにも親は我が子に対し、態度をテレワークモードとプライベートモードを上手く切り替えることも必要です。

テレワークは家族の「今置かれている」ことを知れる良い機会!最善のネット環境を考えよう

家庭内でのテレワークは一人暮らしのテレワークと異なり、仕事や授業で複数台のパソコンで同じWi-Fiを使ってパンク状態になったり、子供が騒いだりなど……、思いもよらないハプニングが生じることがあります。

一方で家庭内でのテレワークは、家族が今置かれている状態を認識でき、子供のネット環境が大丈夫なのか、家のWi-Fiが良好であるか……など、今まで見えてなかったことがわかる機会でもあります。今のテレワークに足りていない部分を見つけ、それをどうしたら改善されるかを考えると、家族全員にとって最善のネット環境を見つけ出すことができるでしょう。