コロナ禍で多くの業界がダメージを受けていますが住宅業界では追い風という声も聞こえてきます。

なんと首都圏新築マンションの平均価格は、6000万円台というバブル期以来の高値をつけているのです。

コロナ禍でも売れている物件の秘密とは?

そこにはコロナやテレワークなど、新しい暮らしと密接な関係がありました。

キーワードをもとにその人気の理由を探っていきます。

キーワードは「職・住・遊」

人気物件に共通するキーワード、それは「職・住・遊」の3つです。

この3つを兼ね備えた物件こそ、今の時代によく売れているのです。

キーワードを順番に見ていきたいと思います。

「職」:仕事に便利!

まず一つ目のキーワード「職」ですが、ここで重視されるのは仕事に便利な住居という点です。

ここには2つの要素があります。

・職場へのアクセス

・リモートワークへの利便性

です。

職場へのアクセスに関しては、駅直結や、オフィス街に1本で行けるアクセスの良さなどが重視されています。

これは昔から変わらない物件の選択基準ですよね。

私も引越しの時には、職場まで電車1本で行ける場所で家探しを行いました。

そして、リモートワークの利便性についてですがこちらはコロナ禍で需要が増加したポイントです。

リモートワークがしやすい家、という条件が重視されてきています。

マンション内の共用部分がシェアオフィスになっているものや、部屋の間取りがリモートワークを見据えたものになっている物件などがあります。

例えば、2LDKのお部屋でリビングから離れて1室が設けられていたり、ネット環境が最初から整っていたりとリモートワーク向けの部屋も人気です。

「住」:おうち時間を快適に!

住はズバリ住みやすさです。

コロナの影響でおうち時間が増え、巣ごもり需要が増しています。

そんな中、おうち時間を快適に過ごすためのアイデアが詰まった物件が増えています。

例えば、

・クックパッドと連携し、共用部分で生鮮食品が受け取れるサービス

・バルコニーの先に緑地を設けてストレス解消ができる物件

など、付加価値がついたものが登場しています。

個人的に一番嬉しいなと感じた機能は、宅配業者がチャイムを押すと、住人のスマホに自動接続されて荷物の到着がリアルタイムでわかる宅配ボックスです。

これは新小岩のマンションに搭載されています。

「遊」:プライベートも楽しめる!

遊の部分、これはプライベートの充実です。

プラスαの部分として、まわりの施設へのアクセスなども重視されています。

やはり、仕事や普段の生活も大切ですが、休みの日をきちんと楽しめる、というのも重視したいポイントですよね。

リモートワークが増えて、仕事とプライベートの切り分けがより求められているのかもしれません。

都内では、池袋の物件が人気です。

地下でショッピングモールや水族館などがあるサンシャインシティなどに接続、南池袋公園やイケ・サンパークにも徒歩で行ける。

そんな強みを生かした立地のマンションが、公開後即完売しています。

こんな形で「職・住・遊」を兼ね備えた、いわばニューノーマルのマンションが今、大人気です。

パワーカップル・ファミリーにおすすめ

昨年の調査によると、新型コロナが住まい探しに与えた影響として

「住まい探しを始めるきっかけとなった」が21%

「住まい探しの後押しとなった」が19%

でした。

住まい探しにおいては、5人に1人の割合で新型コロナがプラスに働いているようです。

ではこうした「職・住・遊」を兼ね備えたニューノーマル物件。

どんな人たちが購入しているのでしょうか。

実は、2人とも正社員として働く、パワーカップルと呼ばれる人々が一番の購入者です。

カップルで1LDKに住んでいたが、二人ともリモートワークになり仕事中にお互いの声が聞こえてくる、作業場所がない、、

などの問題から、上記のような物件に引越すケースが増えたようです。

他にも、夫婦やファミリー世帯も、生活の場所としての家と、仕事場所としての家の機能を求めて引越しを決意する人たちが多いようです。

小さなお子さまがいる家庭では、リモートワークのスペースをいかに確保するか切実な問題ですよね。

そんな中、共用部分で仕事ができたら、、、

家のすぐ近くで落ち着いて作業ができる環境がある。これはとても便利ですよね。

仕事や生活に変化のあったこの1年。

リモートワークが増え、住み方が選べる時代になりました。

少し前までは「職住近接」といって職場の近くに住み、アクセスを重視するという考え方が主流でした。

しかし、これからは違います。

これまでは職場によって住む場所が限定されていた人たちも職場から離れた場所でリモートワークしながら自由に好きな形で住むことが可能です。

もしかしたら、これまでよりも「住」の部分、住みやすさや住まいの快適さが重視される時代になっているのかもしれません。

ご自身の働き方、家族構成、休日の過ごし方など一人一人に合った形で住む場所も考えることができるのです。

あなたの理想の住まいはどんなものですか?

リモートワークが多い方はぜひ「職・住・遊」の三拍子で考えて見てはいかがでしょうか。